ARCHITECTURAL DESIGNERS MARKET

資料請求

重要なのは「土地」ではなく、住まいの「快適さ」。
家づくりを通して、大切なことに気付けた。

当初、注文住宅の購入を検討されていたというUさん。予算の問題にぶつかって悩んでいたときに、担当営業から提案されてADMを初めて知ったのだそうです。ADMでの家づくりについて、お話を伺いました。

ある一言で
「土地探し」の考え方が変わった

私たちの家づくりは“土地探し”からのスタート。予算の兼ね合いもある中で、希望に見合う土地がなかなか見つからず、とても苦労していました。
実はADMに相談したとき、一番始めに提案された土地があったんです。だけど当時はまだその場所に家が建っていて、新居を建てるイメージがいまいち湧いてこなかった。それに土地の形が三角形の変形地だったのも気になり、スルーしてしまいました。
しばらく土地探しで悩んでいたら、ADMの担当の方に「土地に住むわけじゃない。実際に住む家にこそお金をかけるべき」と言われて。そのときは目からウロコと言いますか、「土地にこだわらなくてもいいんだ」と気付けたのは大きな収穫でした。

また元々の家が取り壊されて更地になったということで、改めて最初に提案された土地を見てみると「こんなに広かったのか!」と驚きました。
担当者にも「三角形でも大丈夫。きれいに収まりますよ」と太鼓判を押されて。他の土地とも比較した上で、最終的にその土地に決めることにしたんです。実際に完成した家を見てみると、本当にすっぽり収まっていて、感心しましたね(笑)。

以前住んでいた団地と比べて、
快適さが段違い!

以前は団地に住んでいたのですが、そのころと比べるとADMの住宅は快適さが段違い。特に“暖かさ”は全然違いますね。
エアコンを1階と2階に一台ずつ設置していますが、この冬は1階のエアコンしか使わなかったくらい。おかげで光熱費もずいぶん下がりました。
また以前の団地は湿気が多く、カビもひどかった。その影響かは分かりませんが、娘の咳が止まらず心配していたんです。
だけど今の家は、洗濯物を夜に部屋干しすると、翌朝には乾いているほど。娘の咳も少なくなった気がして、安心しています。本当に以前の暮らしとは、雲泥の差ですね。

地鎮祭のときに神主さんを手配してくれたり、確定申告や“すまい給付金”の相談に乗ってくれたりなど、細々したサポートも非常にありがたかったです。大手ハウスメーカーで建てた人からは、「細かな準備や手続きは、全て自分たちで手配したのでバタバタ忙しかった」なんて話も聞いていたので。
私たち夫婦は細かい手続きが得意な方ではないので、家づくりを全面的にサポートしてくれるADMを選んで、本当に良かったなと実感しています。

長崎県 佐世保市 Uさん

家族構成
3人家族(ご夫婦+お子様1人)

建物規模
1F 床面積
-
2F 床面積
-
敷地面積
171.44m²
延床面積
-
ADMで叶える理想の暮らしをもっと見たい方はこちら 実例集プレゼント中