ARCHITECTURAL DESIGNERS MARKET

資料請求

プランを見た瞬間、
家族の満場一致で“平屋”に決まった

以前は賃貸アパートに住んでいたというNさんご一家。「子どもをもっと伸び伸びと育てたい」そんな思いから、一軒家の購入を考えたといいます。そんなNさんがADMで建てたのは、最初は思ってもみなかったという平屋の住宅でした。

プランを見た瞬間、
一目で気に入った平屋の住宅

以前住んでいた賃貸アパートは、とても狭くて子ども部屋もなかったほど。子どもの成長のことも考えて、「ゆくゆくは自分たちの家が欲しいね」ってずっと話していたんです。そう考えたときに「やっぱりマンションよりも周囲のことを気にしなくていい一軒家だね」というのが夫婦の結論でした。

そんなときチラシを見かけて、ADMのことを知りました。建築家が設計した家を選べるというところが新しくて、魅力を感じましたね。また内装のカラーなどは選べるし、自分たちのこだわりたいポイントを重視して家を選ぶことができる。型にハマりすぎない“自由さ”があるのもよかったですね。単なる建売住宅にはないメリットだな、と思いました。

担当の方もとても親身に相談にのってくれたので、家づくりにあたって特に不安はなかったですね。むしろ「どんな家が出てくるんだろう?」とワクワクする気持ちが大きかったです。ヒアリングを重ねて最終的に私たちが選んだのは、“平屋”の住宅。最初は2階建ての家を当然のように考えていたのですが、平屋のプランを見た瞬間、「これだね!」と家族の満場一致で決まりました(笑)。一目で気に入ってしまうくらい素敵な家だったんです。

住んでみて実感した
平屋の魅力

平屋の家に住んで変わったのが、とても家事がしやすくなったということ。家全体が1つの部屋みたいになって、洗濯のときも洗濯機から干す場所まで一直線。家族の誰がどこにいるか分かるようになって、開放感もありますし、子どもたちが元気に走りまわれるのも魅力ですね。階段の昇り降りもないので、老後も暮らしやすい家だと思います。

また以前のアパートは、床がとても冷たかったのですが、今の家は冬にエアコンをつけなくても大丈夫な日があるくらい暖かい。夏も、寝室にある扇風機くらいで乗り切れるようになりました。部屋は広くなったのに、光熱費は全然上がっている実感がないです。

これから家を建てる人にアドバイスをするなら、お金の話は事前にしっかり考えておいた方がいいです。家の予算を自分たちだけで考えると、どうしても給料や年俸をベースに考えてしまいがち。その点、ADMでは資金計画の立て方などを教えてくれる相談会などもあるので、そういったイベントに参加してみるときっと役に立つと思います。

島根県 出雲市 Nさん

家族構成
3人家族(ご夫婦+お子様1人)

建物規模
1F 床面積
85.29m²
敷地面積
86.95m²
延床面積
85.29m²
ADMで叶える理想の暮らしをもっと見たい方はこちら 実例集プレゼント中